5月8(金)京都新聞夕刊「現代のことば」に原 摩利彦のエッセイが掲載されました。

第十二回目「パッション」
昨年晩夏に新作アルバムのタイトルを決めたときのこと、そして今考えていることを書きました。