名和晃平がルーヴルで展示中の作品に迫る『Throne -Louvre Pyramid-』展 が、銀座 蔦屋書店で 2019 年 2 月 5 日より開催。展示音楽を、原 摩利彦(作曲家/サウンドスケープ・アーティスト)が担当。

■ ルーヴル美術館ピラミッド内 特別展示「Throne」の記録映像と新作エディション初公開


Throne 2018 mixed media h.1040, w.480, d.330 cm photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH © Pyramide du Louvre, arch. I. M. Pei, musée du Louvre

彫刻家の名和晃平による作品「Throne」の記録映像と新作エディションを初公開する『Throne -Louvre Pyramid-』展が、銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM で開催される。会期は 2019 年 2 月 5 日から 11 日まで。

「Throne」は、「ジャポニスム 2018」公式企画の一環として、フランス・パリのルーヴル美術館にあるガラ スのピラミッドで公開された名和の新作。高さ約 10 メートル、重さ約 3 トンの、巨大な黄金の彫刻作品だ。黄 金に輝く本作は玉座をイメージしている。(ルーヴルでの展示期間:2018 年 7 月 13 日~19 年 1 月 14 日)

名和は 2017 年、銀座 蔦屋書店の開業時に「アートと日本文化をテーマにした新しい蔦屋書店にふさわしい作 品を制作いただけないか」という同店からの依頼により、黄金の玉座『Throne (g/p_ boy)』を制作した。今回 の展示は、名和と蔦屋書店の縁をつないだイベントとなる。

 

この展示の音楽を、原 摩利彦が手がける。原は、2015 年ダミアン・ジャレ x 名和晃平の共作ダンスパフォ ーマンス『Vessel』の音楽を担当して以来、名和個人の作品でもコラボレーションを継続し、注目されている。 今回の展示は、名和のパリ・ロスチャイルド館でのインスタレーション《 foam 》、昨年発表した3年ぶりの新 作《 Biomatrix 》のインスタレーションに続いて、タッグを組んでいる。

 


■ 『Throne – Louvre Pyramid -』開催概要
期間:2019 年 2 月 5 日(火)~2019 年 2 月 11 日(月)
場所:GINZA ATRIUM (銀座 蔦屋書店イベントスペース)
住所:東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 6 階
主催:銀座 蔦屋書店(CCC アートラボ株式会社)
協力:国際交流基金 / SANDWICH Inc. / 株式会社スカイザバスハウス / ルーヴル美術館(50 音順)

※ 期間中の 2 月 4 日には、2011 年以降の名和の活動と彫刻シリーズを 150 点以上収録した蔦屋書店オリジナ ルの作品集『METAMORPHOSIS(メタモルフォシス)』が発売され、数量限定で特装版も用意する。

 

<名和 晃平>(彫刻家)
1975 年大阪府生まれ。京都を拠点に活動。京都造形芸術大学大学院芸術研究科教授。1998 年京都市立芸術大学美術学部 美術科彫刻専攻を卒業。2000 年同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2003 年同大学大学院美術研究科博士課程彫刻専 攻修了。2011 年東京都現代美術館で個展「名和晃平-シンセシス」開催。ビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコー ンオイルなどの現代的な素材を用いて、造形の新たな可能性を切り拓く。2009 年より京都にて、建築家、写真家、デザイ ナーなどのクリエイターと、横断的な創造活動を行うプラットフォーム「SANDWICH」のディレクターをつとめる。

 

【このリリース & 取材のお問い合わせ先】

株式会社 KAFUN 担当:梅澤さやか(うめざわ さやか) ■■■ 電話:03-4405-4716 ■■■
■■■ 携帯電話:090-4749-2059 ■■■
■■■ email: pr@kafun.jp ■■■

プレスリリースPDFはこちらよりダウンロードしてください。