名和晃平《foam》
  • Soundscape

 | 

Apr 27, 2019

名和晃平《foam》

絶えず湧き出る小さな泡(Cell)が、次第に寄り集まって泡の集合体(Foam)として、有機的な構造を自律的に形成してゆく様子を表現します。生成と消滅というシンプルなプロセスを繰り返す個々の泡(セル)は、代謝や循環を支える細胞の本質的な振る舞いと類似しており、観る者に生命の根源を連想させます。

 

サウンドスケープ: 原 摩利彦
プログラミング: 白木良

 

▪️ 金沢21世紀美術館 特別展示 名和晃平《Foam》

期間:2019年4月27日(土) ~2019年8月25日(日)
会場:金沢21世紀美術館 展示室13

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1772

 

▪️ グループ展:ロスチャイルド館『深みへ‐日本の美意識を求めて‐』
展示期間:2018年7月14日(土) – 8月18日(土)
会場:ロスチャイルド館
11, Rue Berryer, 75008, Paris, France
主催:国際交流基金
キュレーター:長谷川祐子

https://bit.ly/31Vh163

 

▪️ 名和晃平展《Espuma》
会期:2017年9月23日 – 11月12日
会場:JAPAN HOUSE、サンパウロ (ブラジル)

http://www.japanhouse.jp/saopaulo/